工事現場監督の国家資格合格依存症
電気工事士・宅建・危険物取扱者乙4類・消防設備士・電気工事施工管理・建築施工管理・電験3種・簿記などの国家資格試験の勉強方法・参考書・問題集・合格のコツを工事現場監督の経験から案内します。資格概要案内・転職の勧め・資格勉強に役立つものも紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役にたつ資格
無料の資格資料で検討してみましょう。

自分にとっての最良な資格ってなんでしょう?

私は仕事に必要な資格は、一通り取得済みです。
でも、現在の仕事に役にたってない資格も持ってます。

私は地方から上京して大手の設備工事会社に勤めました。
永住の地を東京近辺にする決心ができないので、
いつか地元にUターン就職しようかなと密かに考えていました。

転職の時は、大手で仕事をしてきたという肩書きは少しは役に立つ
でしょうけど、何ができるか、何を持っているかを問われたら、
国家資格保持が手っ取り早いかなと思いました。

現在は役に立ってない資格でも仕事の幅を広げる力には
なるかもしれません。

ただ、資格取得には時間と労力を要しますので、
やたらめったらの挑戦は無駄になるかもしれません。
勉強にはなるけど実益にはならなかったり。

どんな資格が良いか?その資格は役に立つか?資格の難易度は?
良くわからない時は資格サイトに頼るのも手です。

資格サイトの説明資料の取り寄せはタダです。
タダで資格の内容、難易対策が分かります。
その後の利用は自分で決めれば良いので、資料は貰い得です。

資格取得への第一歩として資格サイトの利用も考えてみては。

資格資料情報を無料で入手できるサイト

比較.com
資料請求が簡単にできる比較.com!資格スクール多数掲載


ポータルナビ
資格スクール比較【ポータルナビ】


まずは無料の資料で、資格の概要を把握してみましょう。

私は比較.COMを利用してました。
資料だけ、もらっときました。

読んでいただいて大感謝です。
ランキング参加中ですので一押しあれば感謝感激です。

にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

国家資格を取得して転職しよう
資格を取って転職しよう

転職を考えることってありますか?
私は地元へのUターン就職を考えてました。
一時期、人間関係に悩んだこともあって転職の準備も
必要だと思ってました。
国家資格を持っていることは転職に有利になるはずと思い、
資格に挑戦してきました。

国家資格保有は転職に有効かどうかを転職サイトで試して
みました。
最初の登録では資格を入力しないで登録しました。
スカウトの結果はイマイチでした・・・。

資格を入力してみた後は、スカウトが増えました。
有効です。資格は転職に大事です。
私は建設工事関係ですが、資格の有無の影響は大きいようです。

自分の社会的な評価がどうなのかは、
転職サイトに登録してみれば、すぐに分かります。
転職する気がないのにスカウトが来ても、断れば良いだけです。
自分の可能性を知るのにも良い手です。

反則技ですが、持ってない資格を入力してみてスカウトが来れば、
その資格は自分にとって力になると分かります。
が、反則ですね。

まずは転職サイトに登録してみましょう。
自分の勤める会社には分からないシステムですし、
タダで評価をもらえるので利用しない手はないかと。
そんな中で理想の会社に出会えたらラッキーですね。


*リクナビNEXT*
求人件数・紹介件数がNo.1の大手です。
全国区ですし、登録すれば何かしら紹介があります。
私も登録してます。
「あなたに会いたい」企業からのオファーそなえて安心【リクナビNEXTスカウト】

*リクルートエージェント*
とにかくサポートが充実してます。専任の担当者が
細かく対応してくれます。転職の本気度が高い人に
おすすめです。
リクルートエージェントの無料転職支援サービス


*インディビジョン*
国内の主要な転職サイトを網羅し、求人の一括検索や応募、
転職サイトや紹介会社へ一括登録できる求人情報サイトです。
転職しようと思ったときの玄関口ですね。
求人情報数が自慢!インディビジョン転職
情報量で差をつけろ!インディビジョンで勝ち抜こう!


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。