工事現場監督の国家資格合格依存症
電気工事士・宅建・危険物取扱者乙4類・消防設備士・電気工事施工管理・建築施工管理・電験3種・簿記などの国家資格試験の勉強方法・参考書・問題集・合格のコツを工事現場監督の経験から案内します。資格概要案内・転職の勧め・資格勉強に役立つものも紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資格試験に合格する勉強のコツ その2
資格試験に合格する勉強のコツ その2

■過去問題を分析し把握、納得する

私の資格試験勉強方は問題集中心です。

過去の問題と類似した問題が毎年出題されているなら、
問題集を繰り返すことが効率良く勉強できるからです。

実際に過去の問題がパターンを変えて出ているか否かを、
自分の目で判断し、把握することが勉強のスタートです。

・去年の問題と似た問題が過去にでてないかを
 探してみる。

・ひとつの分野毎に過去問題を見ていき、どのようなパターン
 になっているか調べてみる。

過去問題集を1年毎に学習していくのが正統派ですが、
1年分が終わって次の年にいくときには、すでに内容を
忘れていることがあります。

全ての分野で調べるのではなく、いくつかの分野で調べてみます。
それで過去問題のパターン性を確認できれば良いのです。

そうすれば問題集中心の勉強で大丈夫だと確信が持てます。
最初の時点で勉強の方針を決めてしまうわけです。

問題の変化を把握していないと問題集中心の勉強方の
効率が落ちてしまいます。
その試験の特徴をつかむことが大事なのです。

私の取得した資格では問題集中心の勉強で大丈夫でした。


読んでいただいて大感謝です。
ランキング参加中ですので一押しあれば感謝感激です。

にほんブログ村 資格ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sikakuizonshou.blog116.fc2.com/tb.php/34-d6805439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。