工事現場監督の国家資格合格依存症
電気工事士・宅建・危険物取扱者乙4類・消防設備士・電気工事施工管理・建築施工管理・電験3種・簿記などの国家資格試験の勉強方法・参考書・問題集・合格のコツを工事現場監督の経験から案内します。資格概要案内・転職の勧め・資格勉強に役立つものも紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電気工事士資格試験の基礎知識
私と電気工事士資格

私の主な仕事は、電気設備の現場管理監督業務です。
なので、電気工事士の資格保有は必須でした。

第2種電気工事士はスルーして、実務経験を満たした後に、
第1種電気工事士に挑戦しました。

仕事の規模から第2種は持っていても役不足のため、
第1種が必要だったのです。

1年目の挑戦で第一種電気工事士に合格しました。

電気工事士資格合格を目指す方々は、自分のキャリアアップ
のために向上心がある方々と思います。

仕事の規模や実務経験で第2種で充分と考える方も
いるでしょうが、試験資格さえ満たせれば、
やはり上級資格としての第1種に挑戦することを勧めます。

電気工事士資格は自分の地位向上に威力を発揮することでしょう。

これから電気工事士資格試験に挑戦する方へ、
役に立てる情報になれば嬉しいです。


第1種電気工事士資格の概要

電気工事の欠陥により災害が発生すれば物的、
人的に大きな被害となる恐れがあります。

電気工事士法は、電気工作物についての電気工事の
作業に当たる者に一定の範囲の工事資格を定めています。
電気工事の安全・品質を確保する能力を持った者を
認定するための資格です。

電気工事士の資格を保有していることは、
制限されている電気工事の作業に従事できると共に、
当該工事の管理監督者にもなることができます。

電気工事業に関わる者としては電気工事士を
保有することで仕事の幅を広げ、さらに自分の
地位向上にも役立ちます。


電気工事業では重要な資格ですよね。
もってて当然なくらい。


第1種電気工事士免状の取得者が従事できる業務

・最大電力500キロワット未満の需要設備の電気工事
・一般用電気工作物の電気工事
 ただし、ネオン工事と非常用予備発電装置工事については
特種電気工事資格者の資格が必要です。

さらに、第一種電気工事士を保有していると、
産業保安監督部長の許可を受ければ、
電気主任技術者の免状がなくても
最大電力500キロワット未満の需要設備を有する工場、ビル
などの主任技術者となることができます。

 
 * 実務経験が必要です *

第1種電気工事士資格試験を受験するには、
実務経験が関わってきますので、
電気工事士の試験を管轄している
(財)電気技術者試験センターのサイトで
確認してみてください。
http://www.shiken.or.jp/

いきなり受ける前に確認が必要ですね。


第1種電気工事士資格試験の難易度

第一種電気工事士資格試験の方式が平成17年から変更
になりました。もう昔の話ですが。
大きく変わったのが技能試験の候補問題が
公表されるようになったことです。

技能試験の候補問題が事前に分かるようになったことから、
技能試験の合格率が上がっています。
以前に比べて技能試験の難易度が下がったと言えます。

何が出るか分からなかった一昔前に比べたら、
断然有利ですよね。

私は、一昔前の受験者です。
もう、こんなに時間が過ぎていたとは。
でも、やるべきことの基本は変わりません。


第1種電気工事士資格試験の合格率

筆記試験 約40%台前半(平成17年以降) 
技能試験 約60~70%(平成17年以降)

筆記と技能を1年目でストレート合格する人は
約25%(平成17年以降)です。

筆記試験は平成16年度以前と合格率の変化は、
あまり有りません。

技能試験に関しては平成16年度以前の合格率は
約35~70%です。

年度によって難易度が大きく違います。
問題に大きく左右されているようです。

もしも、合格率が低い年に受験して、不合格だったら、
なんとなく慰めにはなるでしょうか?

問題に関係なく合格できるように準備を
しておければ大丈夫なんですけどね。
それが難しいから大変なんですけどね。

私も技能は頑張って練習しました。

第一種電気工事士資格試験の筆記試験対策本
私が使用したシリーズの最新版です。
分かりやすい解説と適量な問題。おすすめです。

Amazonの方は
第一種電気工事士筆記試験完全マスター (LICENCE BOOKS)

楽天ブックスの方は
【送料無料】第一種電気工事士筆記試験完全マスタ-


第2種電気工事士の概要

電気工事の欠陥により災害が発生すれば物的、
人的に大きな被害となる恐れがあります。

電気工事士法は、電気工作物についての電気工事の
作業に当たる者に一定の範囲の工事資格を定めています。
電気工事の安全・品質を確保する能力を持った者を
認定するための資格です。

電気工事士の資格を保有していることは、
制限されている電気工事の作業に従事できると共に、
当該工事の管理監督者にもなることができます。

電気工事業に関わる者としては電気工事士を
保有することで仕事の幅を広げ、さらに自分の
地位向上にも役立ちます。


電気工事業では重要な資格ですよね。
もってて当然なくらい。


第2種電気工事士免状の取得者が従事できる業務

一般用電気工作物の電気工事の作業に従事することができます。

一般用電気工作物は、電気事業者から600ボルト以下の低電圧
で受電している場所(一般住宅や小店舗)の電気工作物です。

定められた条件を満たして認定電気工事従事者認定証
の交付を受ければ、最大電力500キロワット未満の需要設備の
電圧600ボルト以下で使用する電線路を除く電気工作物の
電気工事の作業に従事することができます。
これを簡易電気工事と言います。

さらに第2種電気工事士を保有していると
産業保安監督部長の許可を受ければ、
電気主任技術者の免状がなくても
最大電力100キロワット未満の需要設備を有する工場、ビル
などの主任技術者となることができます。


第1種に比べると、第2種は範囲が狭くなりますので、
その分、試験の難易度は下がります。
第二種取得から第一種を目指す方も多いですよね。


詳しくは
電気工事士の試験を管轄している
(財)電気技術者試験センターのサイトで
確認してみてください。
http://www.shiken.or.jp/

スポンサーサイト

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sikakuizonshou.blog116.fc2.com/tb.php/56-ed60c961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。